学生の頃から野球をやっていて、社会人になってからも職場のチームに所属していた

学生の頃から野球をやっていて、社会人になってからも職場のチームに所属していたので、30代前半くらいまでは毎週のように野球をしていたのですが、そのチームも解散し、40代に突入すると、野球に携わることが極端になくなり、近年は年数回の地元のソフトボール大会などに出場するくらいになってしまいました。おまけに昨年は、年数回の試合の1日目で捻挫をしたので、その後の試合は出れずじまいで、結局1年間で1試合しか出ていないことになってしまいました。日ごろから特に練習をしているわけではないので、以前とは比べることができませんが、「こんなに動けなかった?」と自分の動きを疑うほどへたになってきていることが嫌になります。まあプロ野球の世界でも昨年同級生の西武のエースだった西口や、2000本安打を達成した和田といった面々が現役を引退したので、なんの備えもしていない自分ごときが衰えていくのは仕方がないことではあるのですが、さすがにあまりにひどいと昨年のけがをきっかけに思いまして、とりあえずケガの防止と体のキレの向上を目指して体重を少し落として今年に備えようと地道なダイエットを行っていました。結果7㎏くらいの減量に成功し、先日無事にソフトボールの大会に出場。何とか優勝することができました。ケガをすることもなく最低限の仕事は出来たかと思うのですが、そこで一番気になったのが筋力の低下です。特に足腰。その時はサードをしていたのですが、ゴロの捕球の際になかなか腰が落ちないのです。左右に飛んだ打球に関しては何とかごまかして捕れるのですが、正面のゴロが一番厄介で若いときの感覚ではなかかな腰が下がらず捕球がかなりギクシャクしてしまいました。ランニングや水泳なんかは時々やっているので、体を動かすこと自体はさほど苦にならないのですが、やはり野球やソフトボールの時に使う筋肉を全然動かしていないので、そういった面の筋力がかなり落ちているようです。練習をすればいいのですがなかなか時間も取れないので、何かいい訓練方法はないか思案中です。とりあえず、今の自分がそこそこ満足することができる動きができるように地道に頑張っていきたいと思います。

ピューレパール